東京都葛飾区のリフォーム、内装工事業なら有限会社小柳内装へ!

事業内容
会社案内

軽鉄・金物工事

軽鉄工事とは?
スパイドレル(金物工事)とは?

軽鉄工事とは?

軽鉄工事とは、軽量の金属素材で建物の天井や壁の骨組を作る工事です。
LGS(軽量形鋼)という亜鉛メッキ鋼板で出来た材料を使用しています。
昭和50年以前は、建物のすべての内装は、材木で大工さんが行なっていましたが、防火の基準が厳しくなり、工事期間が短く、工事単価も安いという点から、現在ではコンクリ−トのビル・鉄骨住宅・1戸建住宅など、この軽鉄工事が主流となっています。

また、施工業者の間では、軽鉄工事は「軽天(けいてん) 」工事とも呼ばれています。

軽鉄の良い点

LGS(軽量形鋼)は加工しやすい。
施工が比較的容易にできる。
耐火性に優れている。
コストパフォーマンスに優れている。

軽鉄工事の施工例

近年は、木材よりも軽量で、加工しやすく不燃性の骨組「軽鉄」による建物が主流になっています。
当社でも、この工事で骨組みを作ります。
壁の施工例
説明:
最近のマンションでは、角スタットといわれる素材で間仕切りを施工することが多くなりました。
施工時間の短縮につながっています。タオルリング、トイレットペーパー、エアコン、つり戸棚等の取り付け位置には、薄い鉄板を補強として入れます。
壁の施工例
天井(マンション)の施工例
説明:
スラブにボルトを吊り、野縁受(チャンネル)をかけ、クリップで野縁(Mバー)を固定していきます。
あらかた形ができた時点で水平のレベルを調整します。軽鉄に貼るボード等材料によって野縁(Mバー)のピッチが変わります。
天井の施工例

スパンドレル(金物工事)とは?

近年は、木材よりも軽量で、加工しやすく不燃性の骨組「軽鉄」による建物が主流になっています。
当社でも、この工事で骨組みを作ります。
スパイドレルの施工事例
説明:

優れた機能を有するものは、優れた意匠を合せ持ちます。その最たるものがスパンドレル。

金属製の天井仕上材の代表格とされるスパンドレルは、設計者の意図を具現化する能力に優れたものです。
スパイドレルの施工事例
対応エリア
対応エリア

採用・御見積もり・その他お問合せはコチラから TEL 03-5629-3566 FAX 03-5629-3567 営業時間 9:00〜18:00 定休日 土日祝日

メールでのお問合せはコチラ

このページの先頭へ